有料のWordPressテーマのSANGOを使ってみたレビュー

WordPressテーマのSANGOを使っています

最初は、無料ブログでいいと思ったんです。だけど、ワードプレスを始めたんです。

そして、WordPressテーマも無料のLuxeritasを使っていました。だけど、有料のWordPressテーマのSANGOを使っています。

ブログもテンプレートも無料を使ってみてから、有料に変更しているんです。

レンタルサーバーを借りたり、ドメインを取得するのに費用がかかります。有料のWordPressテーマは、何万円もします。ちなみに、SANGOは、1万円+消費税です。

決して安くはないんだけど、比較検討した有料のWordPressテーマの中では一番安かったんです。

女性向きのお洒落なWordPressテーマのSANGO

お洒落な感じなのと、女性向きのやさしい感じなのが決め手ですが、値段も決めた要因のひとつです。

今まで使っていたLuxeritasは、無料とは思えない高速で高機能なWordPressテーマなんです。だって、PageSpeed Insightsで100点が出るくらいですからね。

だけど、スマートフォンで表示したとき、パソコンで表示するのと比べて普通なんです。普通というかお洒落な感じがあんまりしないと思ったんです。

パソコンよりスマホでブログを読む人の方が多いし、これからもスマホで読む人が増えると思うんです。それで、有料だけどスマホ表示がお洒落なWordPressテーマのSANGOにしたんです。お洒落は好みによるんだけけどね。

SANGOを使ってて分かったこと

最初は気が付かなかったんだけど、SANGOのカスタマイザーは、「外観」「カスタマイズ」です

トップページの画像にNEWが表示されないときは、「カスタマイズ」「詳細設定」の「何日前の記事までNEWマークをつけるか」を10日にします。表示出たら、3に戻しても表示できました。

フッターのプライバシーポリシーの表示が消せないのは、「設定」「プライバシー」で設定されているからです。これは、ワードプレスの機能のようです。

WordPressテーマのSANGOのバージョンアップ

WordPressテーマのSANGOのバージョンアップは、WordPressテーマ「SANGO」の更新情報で確認できます。

 

WordPressテーマのLuxeritasを使っているブログは、ちょくちょく見かけますが、WordPressテーマのSANGOを使っているブログは、今のところ、 ハイパーメモメモしか見ていません。きっと、有料のWordPressテーマだか少ないんでしょう。

コメントを残す