Uptime Robotにブログを登録して、サーバーダウンを知る!

サーバーダウンを知らせてくれるUptime Robot

格安レンタルサーバーでも99%以上くらいは稼働率があります。

稼働率が99%だった場合、1%サーバーダウンしてもいいことになります。365日のうち100分1の3.65日はサーバーダウンしても99%になります。

時間にすると、3.65日×24時間=87.6時間になります。1年に約88時間もサーバーダウンしたら、解約する人が続出する可能性があります。

エックスサーバーの稼働率は、99.99%以上

たとえば、エックスサーバーのホームページで確認してみると、稼働率が99.99%以上とあります。つまり、稼働率が99%のときの100分の1ってことです。

100分の1の100分の1だから、10000分の1になります。分にすると、87.6時間×60分=5256分 → 5256の÷100=52.56分となります。

1年で52.56分のサーバーダウンなら、稼働率が99.99%となります。エックスサーバーの場合は、稼働率が99.99%以上ですので、さらにサーバーダウンした時間が短いんです。

ただし、サーバーのメンテナンスでブログが表示できない時間は、サーバーダウンではないので、稼働率には含まれないことが多いみたいです。

Uptime Robot | Free Website Monitoring

Jetpackなら、サーバーダウンを知らせてくれる

サーバーダウンを知らせてくれるプラグインもあります。だけど、サーバーがダウンしてるのであれば、プラグインが動かない可能性があります。

プラグインのJetpackなら、サーバーダウンを知らせてくれます。ブログのプラグインが停止していてもサーバーダウンを教えてくれるとしても、高機能で多機能なJetpackは、重いプラグインなんです。

普通にプラグインのJetpackを有効にして使っていると、いくつもの機能が有効になっています。なので、最初に全機能を停止して、必要な機能だけを有効にしないといけません。

WordPress Popular PostsやJetpackは、重いプラグイン

プラグインのJetpack高機能で多機能なので便利ですが、ブログの表示が遅くなることがあります。人気記事ランキングのWordPress Popular PostsやJetpackは、重いプラグインなんです。

だけど、WordPress Popular PostsもJetpackも便利なので使っている人は多いです。

 

関連記事

コメントを残す