キャプチャを自動生成するBrowser Shotsを使ってみる

キャプチャ画像を自動生成するBrowser Shots

Browser Screenshotsとしましたが、Browser Shotsかも知れません。それは、Browser Screenshotsをインストールして有効化したんだけど、インストール済みプラグインを見ると、Browser Shotsと表示されてるんです。

もしかして間違えたのかと思ったんだけど、インストール済みプラグインのBrowser Shotsのところの「詳細を表示」をクリックしてみると、Browser Screenshotsと表示されるんです。

ということで、Browser Screenshotsでもあるし、Browser Shotsでもあるということにします。このプラグインは、URLを入力するだけで、画面キャプチャを自動生成し、ブログに表示することができるというものです。

追記 : 問題なくキャプチャ画像が表示されました。キャプチャ画像をクリックすると、キャプチャ画像を自動作成したURLに飛びました。プラグインのBrowser Shotsを無効にすると、キャプチャ画像が表示されなくなります。Browser Shotsを使い続けるのはいいとしても、Browser Shotsが使えなくなったときのことを考慮して、Browser Shotsは使わないことにしました。

Browser Shotsは、とっても簡単に使えます

だけど、試したことがありません。この記事が本番なんだけど、お試しでもあるんです。この記事を削除することはありませんが、何度もやり直すことはあると思います。このプラグインを紹介している記事では、Browser Shotsになっていましたので、ここから、Browser Shotsとします。

Browser Shotsの説明を読む限り、とっても簡単に使えます。このプラグインのBrowser Shotsが上手く使えれば、間違いなくオススメのプラグインです。あとは、このプラグインのBrowser Shotsで作成されて表示されるキャプチャ画像ってアイキャッチ画像に設定できるのだろうか?と思っています。

キャプチャ画像が自動生成される

このプラグインのBrowser Shotsを使えば、ブログのURLと画像の横幅を指定するだけでキャプチャ画像を表示できるんです。しかも、キャプチャ画像が自動生成されるので、レンタルサーバーに負荷がかからないみたい。このプラグインのBrowser Shotsを使わなくても、キャプチャ画像は簡単に撮影できますが、キャプチャ画像を切り抜いたり縮小したりして、ブログのコンテンツ幅に調整するのが面倒なんです。

だから、このプラグインのBrowser Shotsを使えば、ほぼURLを入力するだけで、ブログにキャプチャ画像を掲載することができるので、ぜひ使いたいです。投稿して確認してみたら、キャプチャ画像が表示されています。うまくいきました。とっても簡単です。だけど、アイキャッチ画像には設定できないです。

2020年9月5日ワードプレス

Posted by Takatori