問い合せフォームのプラグインをContact Form 7にする

WordPressプラグインのContactContact Form 7を使う

このブログの問い合せフォームは、簡単に設置できるプラグインを使っていました。

だけど、ちょっと変な感じがしたんです。それで、定番の問い合せフォームのプラグインに変更しました。

WordPressプラグインのContactContact Form 7は、制作者が日本人なんです。ということもあって、ワードプレスに問い合せフォームを設置するなら、ContactContact Form 7が間違いないと思ったんです。

英語のブログだったら、どの問い合せフォームのプラグインを使っても大丈夫だと思います。だけど、日本語だと、全ての問い合せフォームのプラグインが使えるとは限りません。

WordPress Popular Postsの代替プラグインをやめる

人気記事ランキングのプラグインのWordPress Popular Postsが重いので、代替のプラグインを使っていたんです。だけど、代替のプラグインに問題はなかったんだけど、一緒に使っているプラグインとの相性が悪かったみたいなんです。

それで、人気記事ランキングの代替のプラグインをやめたんです。そのあとに、簡単に設置できる問い合せフォームのプラグインに違和感を感じたんです。どこがどうってことではないんだけど、もしかして相性が悪いんじゃないの?と思ったんです。

それで、利用者が多く人気で定番のプラグインContactContact Form 7にしたんです。

定番の問い合せフォームプラグインが間違いありません

実際に定番の問い合せフォームのプラグインのContactContact Form 7を使ってみると、思った以上に簡単でした。カスタマイズできるんだけど、デフォルトのまま使うので、固定ページにショートコードをコピペするだけでした。

今まで使っていたプラグインのほうが簡単だと思っていましたが、全く変わりませんでした。しかも、人気プラグインのContactContact Form 7は、reCAPTCHA v3に対応しているんです。

ContactContact Form 7は、reCAPTCHA v3に対応している

「お問い合せ」「インテグレーション」でreCAPTCHAの「サイトキー 」と「シークレットキー」を入力すればいんです。しかも、効果抜群といわれているreCAPTCHA v3にも対応しています。

このブログでは、コメントを受け付けているので、プラグインのInvisible reCaptchaを使っています。プラグインのInvisible reCaptchaなら、問い合せフォームだけでなく、ワードプレスのコメント欄にもreCAPTCHA v3を導入することができます。

ContactContact Form 7の「お問い合せ」「インテグレーション」に「サイトキー 」と「シークレットキー」を入力すると、ブログ全体がreCAPTCHA v3で保護されるみたいなので、プラグインのInvisible reCaptchaを使わなくてもいいのかもしれません。

2020年9月5日ワードプレスプラグイン

Posted by Takatori