一覧表示できるRSSリーダーのFeed Watcherがいい!

RSSリーダーのFeed Watcherがとってもいい!

RSSリーダーを使う人が減ってるんです。以前、使っていたlivedoor Readerが終了しちゃって、livedoor Readerを引き継いだはずのLive Dwango Readerも終了しちゃってるんです。さらに、Googleリーダーも終了しちゃってるんです。

それで、Twitterで情報を収集すればいいと思ったんだけど、フォローが増えてくると、Twitterで情報を収集するのが難しくなってきました。それで、RSSリーダーを探したら、Feed Watcherが見つかったんです。

Feedlyは人気があるけど、個人的には使いにくい

RSSリーダーのFeed Watcherの特徴は、パソコンだと一覧で表示できるので一目瞭然なんです。RSSリーダーのFeedlyは人気があるみたいなんだけど、個人的には使いにくいんです。

RSSリーダーのFeed Watcherは1ページに20サイトまで登録できるんだけど、ページを増やすことができます。Feed Watcherは、My Yahoo!の受け皿となることを目指して開発されたんです。

Feed Watcherは、My Yahoo!やiGoogleを継承している

RSSリーダーのFeed Watcherは、My Yahoo!やiGoogleを継承していて、Live Dwango ReaderなどのOPMLファイルをインポートできるようです。2017年8月31日にサービスを終了したLive Dwango Readerなので、もうエクスポートしたOPMLファイルがある人は少ないと思います。

RSSリーダーのFeed WatcherにブログのURLを入力すれば、RSSフィードを登録することができますので、RSSリーダーに登録したいブログのURLが分かっていれば全く問題ありません。

TwitterのRSSフィードをFeed Watcherに登録する

http://twitrss.me/にTwitterのアカウント名を入力することで、TwitterのRSSフィードに変換することができます。TwitterのRSSフィードに変換したら、RSSリーダーのFeed Watcherに貼り付けて登録できます。

RSSリーダーのFeed Watcherに変換したTwitterのRSSフィードを登録してみました。だけど、思ったほどではなかったので、TwitterのRSSフィードを削除してしまいました。やっぱり、Feed Watcherには、ブログを登録すればいいんです。

2020年9月5日ブログ

Posted by Takatori