書きたい記事はダメ、検索される読みたい記事でないと読んでもらえない

スポンサーリンク

検索される読みたい記事でないと読んでもらえない

書きたい記事と読者が読みたい記事は違うんです。

だから、書きたい記事を書いていたら、だれにも読んでもらえません。

アクセスを増やしたいのなら、読者が読みたい記事を書かなければいけません。

 

読みたい記事を分かりやすく書く。

そのためには、勉強する必要がある。

 

読者が読みたい記事が書けない

読者が読みたい記事が書けないときは、読者に代わって勉強しましょう。

そして、分かりやすく記事を書けばいいんです。

要点を分かりやすく書きましょう!

 

アクセスのある書きたくない記事を書く

下記たい記事だけどアクセスがないのと、書きたくない記事でアクセスのある記事を書く。

趣味のブログだったら、書きたい記事を書きたいように書けばいいんです。

けど、少しでもアクセスを増やしたい、収益を上げたいのなら、読書が読みたい記事を書きましょう!

 

 

読者が読みたい記事を書けばいい

読者が読みたい記事を書けばいいとしても、どんな記事が読みたいのか分からないと思います。

だから、どんなキーワードを検索しているか調べて、検索されているキーワードの記事を書きましょう。

このとき、一番大事なのは、記事のタイトルにキーワードをいれることです。

 

 

ブログ名にキーワードがあったほうがいい

記事のタイトルにキーワードをいれたら、見出しにもキーワードを入れましょう。

そうすれば、本文にもキーワードを使うことになります。

できれば、ブログ名にもキーワードがあったほうがいいです。

 

必ず、記事タイトルにキーワードをいれよう!

キーワードがないと上位表示されません。

 

特化型ブログのほうがいい

ブログ名にキーワードをいれるってことは、特化型ブログってことです。

ブログ名にキーワードがあれば、すぐに何のブログか分かります。

これって、検索エンジンにもわかるのでいいんです。

 

AIが何のブログかわかるようにする

検索エンジンは、AIで何のブログか判断しています。

人間だけでなく、AIにもわかりやすいブログにする必要があります。

だから、ブログ名にも、記事タイトルにも、見出しにもキーワードをいれるんです。

2020年11月20日ブログブログ

Posted by tktrblog