デビットカードがあるけど、PayPalで支払う

VISAとJCBのデビットカードがあるのにPayPalで支払う

 

VISAデビットカードとJCBのデビットカードがあるのに、PayPalで支払ったんです。それは、VISAとJCBが使えなかったからなんだけど、コンビニ払いも選択できたんです。

こういうときって、PayPalのアカウントを持っていなかったら、ほぼ間違いなくコンビニ払いを選択しています。

PayPalのアカウントには、VISAデビットカードを登録しているんです。予備として、JCBデビットカードも登録しています。

VISAデビットカードで支払ってるのと同じこと

ということは、PayPalで支払ってるんだけど、VISAデビットカードで支払ってるのと変わりません。引き落としがあったと楽天銀行からメールがくるのもVISAデビットカードを使ったときと同じです。

VISAデビットカードで支払っても、VISAデビットカードを登録しているPayPalで支払っても料金は同じなんです。これって誰も得をしない気がします。

PayPalのアカウントには、クレジットカードやデビットカードを登録できるけど、銀行口座も登録できるんです。実際に銀行口座を登録したことはないけど、PayPalのアカウントにVISAデビットカートとJCBデビットカードを登録したときに、銀行口座も登録できるんだって思ったんです。

PayPalに銀行口座を登録して使うのはいい!

クレジットカードやデビットカードを持っていない人が、PayPalのアカウントに銀行口座を登録して、PayPalで支払いするのは分かりますし、いいと思います。

でも、考えてみれば、電子マネーは、nanacoカードと楽天EdyとSuicaを持っています。セブンイレブンで電子マネーを使うためにnanacoカードを作ったんです。だけど、ファミリーマートやローソンにも行くので、楽天Edyに変えたんです。

便利な支払い方法を選択するだけ

電子マネーを使い慣れてくると、電子マネーで支払いたいんです。それで、松屋、かつやで使えるSuicaにチャージして使っています。Suicaは持っていたんだけど、残高が少なくなってから、ずっと使っていなかったんです。

つまり、ネットでクレジットカードやデビットカードで支払いしていると、PayPalなら支払えるってことになると、PayPalで支払っちゃうんです。それだけのことです。

2020年9月5日マネー

Posted by Takatori