レンタルサーバーの比較とレビュー

問い合せとコメントに簡単にreCAPTCHA v3を導入する方法

問い合せ欄とコメント欄にreCAPTCHA v3

ワードプレスですが、コメントスパムは来ていません。

だけど、問い合せフォームからは来てています。

それで、スパム対策をすることにしたんだけど、調べてみると最新のreCAPTCHA v3が効果があるということで導入しました。

GoogleのreCAPTCHA v3は、Googleフォームより簡単でした。

Googleフォームで問い合せフォームを作成するのって難しいですよね?

 

Contact Form 7にreCAPTCHA v3を設置

問い合せフォームをContact Form 7で作成していれば、「インテグレーション」に「サイトキー」と「シークレットキー」を入力することができますので簡単です。

これで、問い合せフォームにreCAPTCHA v3を設置できます。

 



Luxeritasでコメント欄にreCAPTCHA v3を設置

WordPressテーマのLuxeritasなら「Luxeritas」「カスタマイズ」「画像認証」で「サイトキー」と「シークレットキー」を入力することができます。

ここに登録することで、ワードプレスのコメント欄にreCAPTCHA v3を設置できます。

最新のGoogleのreCAPTCHA v3は、入力しなくていいので、利用者にストレスがかかりません。

全くかからないということではありませんが、何度も入力していたreCAPTCHA v2に比べれば快適です。

 

SANGOでは、Invisible reCAPTCHA for WordPressを使う

WordPressテーマのSANGOも使っていますが、Invisible reCAPTCHA for WordPressを使いました。

Invisible reCAPTCHA for WordPressを使えば、問い合せフォームとコメント欄の両方にreCAPTCHA v3を設置することができます。

Contact Form 7の「インテグレーション」で「サイトキー」と「シークレットキー」を入力するとブログ全体がreCAPTCHA v3で保護されちゃうってことなので、Invisible reCAPTCHA for WordPressを使いました。

全記事でコメントを許可していれば、ほぼ全ページでreCAPTCHA v3を設置したことになるので、WordPressテーマのLuxeritasなら、Invisible reCAPTCHA for WordPressを使わなくてもいいかもしれません。

でも、WordPressテーマのSANGOなら、Invisible reCAPTCHA for WordPressを使うしかなかったんです。