Googleのオンライン画像圧縮ツールのSquooshがとっても使いやすい

スポンサーリンク

画像圧縮ツールのSquooshをおすすめします

オンラインの画像圧縮ツールだけでも、たくさんあります。

だけど、GoogleのSquooshは、簡単に圧縮率を変更できるで使いやすいんです。

画質を確認しながら、圧縮率と画像の重さを決めることができるんです。

 

PixabayとO-DANは、日本語で検索できる

たしか、グーグル砲は横幅が1200以上って聞いたことがあるので、横幅は1280pxにしています。

使っている無料画像サイトのPixabayだと、1280pxがあるので、リサイズしないだけです。

無料画像サイトは、O-DANも使っていますが、PixabayとO-DANは、日本語で検索できるから使いやすいんです。

 

Squooshに画像をドラッグ&ドロップ

Squooshに画像をドラッグ&ドロップ(Drag & drop)すれば、画像が圧縮されます。

このとき、80KB以下ならOKです。

どこかで80KBが目安と知ったから80KB以下なんだけど、根拠は忘れてしまいました。

 

圧縮率を上げて80KB以下に調整します

もし、80KBを超えていたら、圧縮率を上げて80KB以下になるように調整します。

このとき、画質が確認できるところが、Squooshの一番いいところです。

かなり圧縮率を高くしても問題ない画像もあります。

 

EWWW Image Optimizerは不要です

Squooshを使うまでは、プラウインのEWWW Image Optimizerを使っていたんだけど、ちょっとしか圧縮されないのでやめちゃいました。

いざとなれば、EWWW Image Optimizerをインストールして有効にすれば、アップ済みの画像をあとから圧縮することができるので、心配はいりません。

おそらく、Squooshを使えば、EWWW Image Optimizerは必要ないとおもいますけどね。

 

オフラインで使えるリサイズ超簡単!Pro

あと、リサイズ超簡単!Proも使っています。

リサイズ超簡単!Proオフラインで画像を圧縮できるんです。

だから、月末に通信量がオーバーして低速になっても大丈夫なんです。

 

リサイズ超簡単!ProとSquooshを比較してみると、だいたい同じ感じに圧縮されています。

ただ、Squooshは圧縮率と画質を確認しながら、画像を軽くすることができるので安心です

でも、リサイズ超簡単!Proはオフラインで使えるので、たまに使っています。

 

関連記事

  • ワードプレスの記事にアイキャッチ画像を表示する
  • Chromeなら、F12を押しスマホ表示を確認しよう!
  • ジャパネットのスマホに3GBを追加して12GBにする

2020年10月31日ブログSquoosh

Posted by tktrblog