WordPressにおすすめのレンタルサーバー比較!

【おすすめ】国内シェアNO1の高機能なエックスサーバーの比較とレビュー

エックスサーバーでワードプレスを始める方法

ワードプレスを始めたいんだけど、やり方が分からないので教えて欲しい!
 
そんな人のためのエックスサーバーでのワードプレスの始め方です。

 

エックスサーバーには、クイックスタートという便利なサービスがあります。

クイックスタートを利用すると、簡単にワードプレスをに始められます。

無料ブログをはじめるの同じくらい簡単に始めることができます。  

 

クイックスタートなら、すぐにログインできる

ワードプレスをインストールするのって、慣れないと結構面倒なんです。

 

一般的なワードプレスを始め方

  1. ドメインを取得する
  2. レンタルサーバーを借りる
  3. ドメインとサーバーを連携する
  4. ワードプレスをインストールする
  5. デザインテーマを設定する
  6. ワードプレスの初期設定する

何回かやれば難しくないんですが、初めてだと難しいです。

 

クイックスタートで始める方法

クイックスタートなら、簡単ににワードプレスにログインできます。

  1. デザインテーマを設定する
  2. ワードプレスの初期設定する

ワードプレスの初期設定では、パーマリンク設定を変更すること。 おすすめは、「投稿名」です。

 

取得するメインを選ぶ

ドメインは、[.com]が間違いありませんが、空きがほとんどありません。

比較的に空きがある [.net]でもいいとと思います。 [.jp]もいいのですが、「Whois情報公開代理」が使えません。

 

デザインテーマを選ぶ

デザインテーマを使うとカスタマイズしなくていいんです。

テーマをカスタマイズし始めるとハマっちゃうことがあります。

早めに有料テーマにすることをおすすめします。

でも、最初は、無料テーマのLuxeritasでいいと思います。

Cocoonもいいのですが、ちょっと難しいです。

 

投稿する前にする初期設定

一般設定」の「サイトのタイトル」と「キャッチフレーズ」を変更しましょう。

表示設定」「フィードの各投稿に含める内容」を「全文を表示」から「要約」に変更しましょう。

パーマリンク設定」を「投稿名」にする。

「投稿名」がおすすめ。  

 

最低限のプラグインを使う

プラグインは便利ですが、使いすぎると表示が遅くなります。

どうしても必要なプラグインだけ使いましょう。

 

必須プラグイン

  • WP Multibyte Patch
  • Broken Link Checker
  • Google XML Sitemaps

 

推奨プラグイン

  • Contact Form 7
  • WP-Optimize
  • UpdraftPlus
  • AddQuicktag
  • SiteGuard WP Plugin

 

高機能なエックスサーバーの体験レビュー

初めてでなくても、レンタルサーバーを選ぶのは難しいです。

だから、初心者ならもっと難しい。

初心者が選ぶレンタルサーバーと上級者が選ぶレンタルサーバーは違うんです。

 

1年先を考え、最初からエックスサーバーを借りておくのが一番いい!

エックスサーバーを借りておけば、アクセスが増えてもレンタルサーバーを変更せずに使い続けることができます。

 

おすすめ!エックスサーバーが間違いない

初心者がレンタルサーバーを比較すると、どうしても月額料金の安いレンタルサーバーやコスパのいいレンタルサーバーを選びたくなるんです。

半年後1年後に、ブログのアクセスが増えてくれば、エックスサーバーにして良かったとなるんです。

エックスサーバーのサーバー機能一覧

  X10 X20 X30
初期費用 3000円 3000円 3000円
月額料金 1000円 1800円 3600円
容量 200GB 300GB 400GB
転送量 70GB 90GB 100GB
RAID構成 RAID10 RAID10 RAID10
DB 50個 70個 70個
自動バックアップ あり あり あり
ストレージ SSD SSD SSD
サポート 電話 電話 電話